FXで破産しないために

私はFXを長い事やってきていますが、はじめた当初は極端なハイレバで何度か強制ロスカットもされてきました。
今はレバレッジの規制がされており、25倍までしかレバレッジをかけられませんが、当初はレバレッジをかけ放題で、今思うとそれはもう危険な取引を繰り返していたと思います。
そのたびに手法が悪かったのだと、色々と本を読んだりして別の手法を試す事を繰り返してきましたが、最終的にもっとも大切なことはリスク管理だと気づきました。
私が最終的にたどり着いた手法、というかリスク管理は10万円に対して1000通貨、ドル円が約100円だとすると、レバレッジが1倍で取引する事です。
これだとどうやってもロスカットされませんからね。
確かにもうけは少なくなりましたが、絶対負けない手法と言うことでストレスフリーで日々取りを続けることが出来ています。
1000通貨単位での取引ではなかなか資産が増えないと思うかもしれませんが、数年前に50万円から何度目かのスタートを切りましたが、今では2000万円を超える資産となっています。
今でも方向性がわからない時には1000通貨で試しに取引する事もありますよ。
うまく利が乗れば徐々に増やしていく手法は常に含み益が出ていてとても楽なものです。
長く相場の世界にいると、ある程度はうまくなるもので、やはり破産しないで生き残る事がもっとも大事だと私は考えています。
1000通貨での取引が可能な証券会社は実はそれほど多くなく、たまたま当時使っていた証券会社が取引可能だった事が、今思えば非常に運がよかったのかなと思います。今ではすっかりMT4を使ったシステムトレードにハマっていますが、裁量取引もまだまだ続けています。

FXを始めるなら、YJFX

誰でも手軽に始められる取引として、ここ数年の間で人気が高くなっているのが「FX」です。
FXというのは、外国の通貨を売ったり買ったりして利益を求める取引のことです。
このFX取引は、少ない元手でも行うことが出来るので、会社員の方が副業で行っていたりするケースも多いですね。
ごく普通の主婦の方もFXで稼いでいるというケースもあるようですよ。
お金稼ぎに興味がある方は、このFXにチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。
FXを始めるにあたっては、まず最初に取引会社を決めなくてはなりません。
いろいろなFX取引会社がありますので、よく見比べて選ぶようにしてくださいね。
なぜなら、どのような取引会社と契約するのかによって、FX取引の面白さも大きく変わってくるからです。
評判のよいFX取引会社としては、「YJFX」がありますね。
YJFXは、サイバーエージェントFXから社名変更した会社です。
あの「Yahoo!JAPAN」グループ会社だけあって、知名度も高いですから安心して利用できる取引会社だと言えますね。
それに、取引高も世界第三位となっているのです。
ですから、こちらの会社を利用すれば、頑張り次第ではかなり稼げることもできるでしょう。
また、YJFXでは無料サポートやFXセミナーなども開催されており、初心者にも優しい点も魅力です。
これからFXを始めようと思っている方は、ぜひYJFXを利用してみてはいかがですか?

FX会社一覧を参考にして

FXで自分達ではじめて資産運用を実現しようと考えているならば、通常よりも安心して快適に運用ができるFX会社を選びたいものです。
日本全国に証券会社は多々存在していますが、取り扱っている企業に関しての情報を収集することは、かなり時間がかかってしまうのではないかと不安を覚える方も少なくありません。
インターネットのFX会社一覧を確認すると、簡単に自分達で魅力的な証券会社の情報を見つけることができるでしょう。
魅力的な基準を確認することは人それぞれだといえますが、自分達で必要と思える部分を確認する方法として一番大切なことは、手数料やスプレッド、サラにアフターケアがしっかりしているかどうかにかかっているといえます。
自分達で必要と思える運用を明確にしておくことで、自分に合った会社を簡単に見つけられるのです。
自分達で必要と思えるものを適切に取り入れている証券会社に申し込みをしておくことで、運用を積極的にできるでしょう。
自分達で使用方法がわからないときには、一覧の中から初心者むけのランキングを探し、自分たちで通常よりも安心して取引できる可能性の高い会社を確認して、納得できる運用を実現できるのです。
信頼性の高い口コミを複数確認しておくことで、自分達で納得して申し込めますし、取引のやり方なども参考にできます。
毎日の取引への対策をしっかり考えて行動することこそ、より安心して実績を積み上げ、FXを効率よく使えるのです。

FXで利益を出すためにはスプレッドの比較が重要

FXの取引をするとき、トレーダーが支払うコストには「取引手数料」と「スプレッド」があります。
多くのFX業者がネットトレードにおける取引手数料を無料としている現在では、スプレッドを比較することでコストの安い業者を選ぶことができます。
FXにおけるスプレッドとは、業者が為替を買い取るときの値段(ASK)と売却するときの値段(BID)の差を意味します。
たとえば「1ドル=90.00ー90.05」というスプレッドが提示されていた時は、1ドルの買値が90円で売値が90円05銭ということを意味しています。
FX業者は1ドルを売買する度にこの差額5銭を手にするということになります。
トレーダーの側から見れば一回の取引あたり5銭を支払っているわけですから、買値と同じ値段でドルを売却してもスプレッドの分だけ損失が発生することになります。
つまり、FXの取引きで利益を出すためにはスプレッドを超える利益を出す必要があるということになります。
こういったことが理由で、多くのトレーダーは業者を選ぶ時にスプレッドを比較して、できるだけ狭い業者を選ぶのです。
少しでも多くの利益を出すためにはスプレッドはとても重要な数字となるのです。
スプレッドは同じ通貨ペアの取引きでも業者によって異なりますし、同じ業者であっても通貨ペアが異なるとスプレッドが変わってきます。
一般的に取引量の多い通貨ペアほどスプレッドは狭くなり、あまり人気のない通貨ペアはスプレッドが広くなります。

スプレッド比較はコストを考えるなら外せません

スプレッドはFXでは、通貨ペアにおける提示レートの買値と売値の差のことです。
FXをするにあたって注意しなければならないのはこのスプレッドで、取引手数料と同じくコストになってしまうので、注意しなければならないものの一つです。
たとえば、同時刻に日本円で米ドルを購入し、米ドルを日本円で売却すると損をするわけですが、これは1ドルが103.20~103.25円と表示された場合、0.05円の幅がスプレッドとなり、これが5銭に置き換えられるからです。
この5銭というのは通常、FX会社にコストとして支払われます。
つまり、必然的な損をしているわけです。
実を言うと、我々が損をしている分がFX会社の収入源となっています。
最近は手数料無料のFX会社が増えていてますが、スプレッドで利益を出しているので、言うなればスプレッドが手数料に化けているようなものです。
となると、私たちが利益を出すためには、売買手数料無料に加えて、このスプレッドが低いFX会社を選ばねばなりません。
最近、ネットで数多くある比較サイトでは、様々なポイントで会社が選べるようになっていますが、初心者でも経験者でも、まずはFXスプレッド比較をすることから始めることが必要なのです。
特に経験を重ねて、取引額が徐々に大きくなってきたり、通貨ペアが多くなってくると、このスプレッドが損得に大きく関わってきます。
スプレッド比較はFX会社を選ぶ上で、絶対に外せない重要なポイントなのです。